翡翠買取で損をしない!

天然翡翠の価格の決め方

天然翡翠の価格の決め方

天然翡翠の価格の決め方 翡翠は、鉱物が硬玉と軟玉に分けられています。硬玉の多くは、指輪などの装飾品に多く使用されておりジェイダイトといわれ、軟玉はネフライトといいます。翡翠は一般的に深緑色ですがピンク色や薄紫・黒・青など様々な色々がありバリエーションに富んでいます。価値の高く人気の緑色した合成品も販売され本物と見分けことが困難なんであり注意が必要です。日本では、糸魚川で産出されるのは薄紫といわれるラベンダー色で非常に好まれています。
最高級品といわれる琅かんは、半透明の美しい緑色のものは1カラット数十万~数百万といった価格で取引されています。硬玉の翡翠は割れにくいのですが傷がつきやすいといった性質があります。翡翠の質や価格を決める要素は、透明度が高くなるほど、また、高濃度の紫色ほど高額の評価となります。そして、茶色などが混色がなく新緑が濃くなるほど評価も高くなります。特に、高品質の琅かんは数百万以上の高値が付けられるものもあります。

ブランド品・宝石買収店で翡翠を売却したい

ブランド品・宝石買収店で翡翠を売却したい 翡翠は5月の誕生石として知られ、日本でも世界でも人気のある石です、ミャンマーで採掘されたものは、高品質のものが多く透明度・発色共に最高級の評価を得ています。日本でも産出されいて、特に新潟県糸魚川から産出されたものが有名です。古くは呪術・祭祀に用いられ、装身具や勾玉に加工されていました。

高品質の宝飾を高貴な人が身につけたり、神事で用いられるのは今の時代でも同じ。ブランド品や宝飾の売買が行われるお店でも、高品質の翡翠は高額で買取ります。翡翠はジェダイト(硬玉)とネフライト(軟玉)があり、宝石買収で高額で取引されるのはジェダイトです。カラーは新緑カラー・ラベンダーカラー・ロウカンは買収額が高いとされています。特に真っ白な色合いですと、濃緑のものよりも価値が出てきます。翡翠の査定は難しく繊細な技術が入ります。真贋の判別は専門的な知識を持った方にしてもらいましょう。買収時に鑑別書付きの方が高く売却でき、購入する際も鑑別書付きですと安心できます。