翡翠買取で損をしない!

初心者のための翡翠情報サイト

当サイトでは、翡翠の買取に関して紹介しています。
具体的に言いますと、査定対象になるのはどんな宝石か、アクセサリーの石のみでも買い取りは可能なのか、法人でも買取の利用が出来るかなども紹介していきます。
初めての方でも安心の、売買の流れであったり、できるだけ高く買い取ってもらうためのポイントも紹介しています。
ちなみに、付属品や鑑定書なども持参をすると高く買い取りしてくれる可能性がたかくなりますのでお勧めです。

査定対象となるのはどんな翡翠?

査定対象となるのはどんな翡翠? 翡翠は今とても人気があるパワーストーンで、需要も高まっていますので買取ショップで鑑定依頼をして買い取ってもらう事が可能な石です。
この石には、ネフライト(軟玉)とジェイダイト(硬玉)が存在していますが、多くの買取ショップで査定対象となっているのはジェイダイト(硬玉)の方です。
ネフライトの場合は査定対象とならないお店が多いため、その点は了承した上で持参するようにしましょう。
もちろんアクセサリーの石のみでも買取は可能ですし、法人でも買取の利用は出来ます。
翡翠をできるだけ高値で買い取ってもらいたいのであれば、付属品や鑑定書や箱など、購入した時にセットになっていたものも一緒に持っていく事をお勧めします。

翡翠を買取ってもらう場合査定の対象外になる物とは

翡翠を買取ってもらう場合査定の対象外になる物とは 翡翠を買取ってもらいたいと、買取店に持ってくる人もいますが、中には査定の対象外になる物もあるので注意が必要です。
どんな翡翠が査定の対象外になるかというと、ひび割れている物や欠けている物、汚い物などです。
他にも変化や形の無い普通の物や産地不詳の物は査定の対象外になるので気をつけてください。
翡翠を少しでも高く売るコツは、専門の鑑定士がいる所に持ち込むことです。
専門の鑑定士がいない所だとマニアックな物は値段をつけてくれないこともあります。
専門の鑑定士がいる所なら、マニアックな物もしっかり鑑定してくれるので、高い買取額をつけてくれます。
翡翠を売る場合は、鑑別書や鑑定書あれば必ずつけて売ることです。
鑑別所や鑑定書が無くても買ってはくれますが、かなり安い値段をつけられてしまいます。
翡翠は合浸無しのナチュラルと合浸ありに分けて買い取りをおこなう所が多いですが、合浸ありの場合はタダ同然の値段がつくことが多いです。
ほとんどが合浸処理がされていますが、ワックスの場合は問題はありません。
基は白がベースですが、その中でも細かい緑色結晶は結合されて、透明な色をしたロウカンと言われる物が価値が高く買取り額も高くなる傾向が強いです。

翡翠に関する情報リンク

翡翠 買取 査定